店舗設計・リフォーム・内装工事のR-デザイン
千葉県 千葉市/船橋市/市川市/浦安市/富里市/成田市
佐倉市/柏市/我孫子市/四街道市/八街市/市原市

店舗デザイン・リフォームデザイン|R-デザイン
R-デザインロゴ2
お問い合せ番号:0120169186

 

どのような環境なら入りやすいかを考える

 

より多くの人に選ばれる飲食店は快適に食事をしやすい環境で、店舗デザインを決める前に考える必要があります。飲食店で食事をする目的は人それぞれですが、店内の雰囲気を味わいながら料理をおいしく召し上がるようにしたいものです。このため、入口の部分は特に重要で、看板で店内の雰囲気を表現できるようにしないとそのまま通り過ぎてチャンスを失うこともあります。


利用者は店内の様子を見てから入ろうと考える傾向があり、誰も人がいないと足が遠のいてしまいます。また、ガラスを使って外から見えやすくすると店内の様子を観察でき、内部のデザインを見て興味をそそられると入りたくなるものです。

 

逆に、地下にある店舗は外から見えないこともあり、隠れ家のような雰囲気を出せば興味をそそられることもあります。
店舗は入口付近は人が入るため外の音が入りやすく、人目が気になるため来店をすると奥の方に入ろうと考えます。

 

店内のデザインは料理のコンセプトに合わせて決めると雰囲気を作れ、自宅などでは味わえないようにすると効果的です。

また、地上にあればガラスを使って明るくしてテーブル、カウンター、椅子、床、壁などの色を引き立たせ、活気を出せるようにするとより多くの人を集めるチャンスになります。

 

リピーターを作れるようにしよう

 

店舗の売上を伸ばすためにはただ単に集客をすることだけでなく、また来てもらえるようにしないといけません。また来てもらえるようにするためには清潔さだけでなく印象に残せるような雰囲気を作る必要があり、利用者の求めているデザインにすることが大事です。店内のレイアウトは利用者の動線を意識し、入口から店内に入るまでにワクワクさせ出たくないような雰囲気を作ると効果があります。


飲食店は料理のメニューもそれなりに高くなり、期待に応えるよう快適で満足して食事ができる空間を作ることが求められます。店内の照明は雰囲気を作るためには重要な役割があり、壁や天井、テーブルをうまく照らせば独特な感じにできて効果的です。店内の通路は人が頻繁に行き交うと落ち着いて食事ができないため、なるべく避けるようにカウンター、テーブル、個室などを設ける必要があります。


店舗デザインはコンセプトを決めて使用する素材や色を考え、予算に合わせて業者に提案してもらうことが望ましいです。業者に依頼するときは使用する素材の特徴や実績などを確かめ、客層に合わせて最適なプランを選ぶ必要があります。リピーターを増やすためには飽きさせないように店舗デザインを決め、接客応対も伴った内容にすることが大事です。

 

外装と内装のバランスを考えよう

 

飲食店を選ぶきっかけはやはり外装を見て判断する傾向があり、コンセプトに合わせて個性を出せるように決めることが大事です。外装は不潔感があればそのまま足が遠のいてしまうため、清潔感を出して遠くからでも注目をひくようにする必要があります。大都市やロードサイドでは同じジャンルの飲食店で勝負すると競争が激しくなり、差別化をするためには外装のデザインが特に重要です。


内装は外から見えると入りたくなるような雰囲気にするよう心がけ、コンセプトに合わせてデザインを決める必要があります。しかし、外装とのミスマッチが起きないようデザインを決め、色合いや素材を工夫してアイキャッチを作れるようイメージすることが大事です。

 

店内の雰囲気は入口を入ってから席につくまでワクワクさせるように考え、壁面デザインや壁画などを飾ると効果があります。
店舗デザインはライバルの店舗が出店すると差別化をしないと厳しくなり、リニューアルをしてイメージを変えることが望ましいです。

 

また、客層に合わせて快適で安心して利用できる環境にするよう心がけ、利用者のニーズに応えるようにすると効果があります。外装と内装をマッチングさせるためにはコンセプトを決め、利用者の視点に立ってイメージをすることが重要です。

PAGETOP