店舗設計・リフォーム・内装工事のR-デザイン
千葉県 千葉市/船橋市/市川市/浦安市/富里市/成田市
佐倉市/柏市/我孫子市/四街道市/八街市/市原市

店舗デザイン・リフォームデザイン|R-デザイン
R-デザインロゴ2
お問い合せ番号:0120169186

お知らせ/新着情報

建物構造の種類とは?各構造の特徴まとめ

2022/03/31
建物の構造には様々な種類の構造があります。「RC造」、「木造」など一度は聞いたことがあるはずです。構造の種類は知っていてもどんな特徴があるのか、メリット・デメリットはよく知らないなんて方もいらっしゃると思います。そこで今回は建物構造の種類・特徴・メリット・デメリットについてご紹介いたします。

 

建物構造の種類

 

W造 木造

 

S造 鉄骨造(重量鉄骨造・軽量鉄骨造)

 

RC造 鉄筋コンクリート造

 

RS造 1階がRC造2階S造のような混合構造

 

 

各構造の特徴

 

W造 

主な構造部分に木造を率いて作られた物件。

日本の気侯やふうどにマッチしている。

 

S造(重量鉄骨)  

柱や梁など骨組みに鉄骨を使用した構造のこと。

銅材の厚みが6mm以上のものを「重量鉄骨造」と言う。

ビルや高層マンションなど大規模建築物を作る。

 

S造(軽量鉄骨) 

6mm未満のものを[軽量鉄骨]

主に一般住宅や小規模店舗などで強いられている。

 

RC造    

鉄筋を来んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めた物を指します

特徴的なのは2つの材料を組み合わせることでマンションの建設に

必要な強度を出している。


SRC造     

鉄骨の柱の周りに鉄筋を組みコンクリートを打ち込んで施工した物件のことです。

主に大型マンションやビルなど大規模な物件に用いられる。

 

RS造     

建物の下位部分にあたる柱、壁、天井などをRCで作り、上部をS造など下位部分とは異なる構成で構造

 

 

 

各構造のメリット・デメリット

 

W造 

メリット

・費用が安い

・湿気が高い季節には空気中の水分を吸収

・通気性にも優れている

 

デメリット

・遮音性は低い

・冷暖房が効きにくい

 

S造

メリット

・壁の位置など間取りを自由に設計できる

・広い空間を確保できる

 

デメリット

・RC造より振動を伝えやすく、火に弱い為耐火被覆が必要。

 

RC造

メリット

・不燃材料の為、非常に高い耐火性圧縮力と引張力を兼ね備えている為耐久性が高い

・耐久性が高い

・形状の自由度が高い

・遮音能力が高い

 

デメリット

・費用が高い

・SRC造に比べ鉄骨が入っていない分ややゆれに弱い。

 

SRC造

メリット

・最も耐震性、耐火性、耐久性に優れているトップクラスの構造

デメリット

・費用が高い

 

 

まとめ

建物構造によって耐震性や遮音性、様々な違いがあります。テナントを借りる際には構造についても気にかけてみるといいでしょう。

 

  •                             

 

 

 

 

 

 

PAGETOP