店舗設計・リフォーム・内装工事のR-デザイン
千葉県 千葉市/船橋市/市川市/浦安市/富里市/成田市
佐倉市/柏市/我孫子市/四街道市/八街市/市原市

店舗デザイン・リフォームデザイン|R-デザイン
R-デザインロゴ2
お問い合せ番号:0120169186

お知らせ/新着情報

飲食店向け、店舗デザインの考え方

2021/06/15

競合他社との競争に勝ち抜けるようにしよう

 

飲食店を出店する目的は新規の利用者を集め、リピーターを増やして利益を拡大することが多いです。デザインは外装と内装をコンセプトに合わせ、利用者の期待に応えるようにする必要があります。

 

利用者を増やすためには大都市の繁華街や幹線道路沿いなどがありますが、競争が激しく勝ち抜けるようにするためにはニーズに応えることが必要です。

 

売上を伸ばすためには新規の利用者だけでなくリピーターを増やし、良い口コミを集めて興味を持ってもらえるようにする必要があります。 ・利用者の立場に立ってレイアウトやデザインを決めよう 利用者は快適な環境で独特な雰囲気を味わいながら食事を楽しみたいもので、どのようなことを求めているか確かめる必要があります。

 

レイアウトの決め方はテーブルやカウンター、個室などをうまく配置し、ゆったりとくつろげるようにすることが大事です。飲食店に滞在する時間は料理のタイプによって異なり、回転数を上げるならカウンターのみで個室を作らないほうがかかる費用を減らせます。

 

逆に料亭など高級な料理を提供する店は利用人数も多く、個室を作りゆったりとしてもらえるようにすることが必要です。レイアウトの決め方は確保できた広さを確かめ、利用者の動線に合わせ満足して食事をしてもらえるようにする必要があります。

 

店舗デザインは高級な店になるとそれなりに費用がかかりますが、利益率が高くリピーターを増やせば元を取れるためサービスを良くすると効果的です。

外装に合わせ内装の配色を決めよう

 

飲食店の利用者は外装を見て雰囲気を味わえると期待しますが、内装がミスマッチだとがっかりします。このため、入口から店内に入るときに目に付きやすい場所の配色は重要で、リラックスできる雰囲気を作ることが大事です。

 

使用する色は多くても3色で、アクセントをうまく引き出せるよう照明を使うと効果があります。外装は初めて店舗を利用する人にとっては選ぶきっかけになり、内装はまた行くかどうか決める判断材料になることが多いです。

 

デザインはコンセプトに合わせて決め、リピーターを増やせるようにすると売上を伸ばせます。飲食店を成功させるためには集客を見込める場所を選ぶことだけでなく、ライバルとの競争に勝ち抜けるようにデザインを決めることが大事です。

| >

PAGETOP